黒染めと暗めのカラーの違いとは??

こんにちは!

中野美容室comaのかさはら れいです(^^♪

最近、仕事をしていてふと思ったのが暗めのカラーが凄く多い!!

どうして多いのかと言いますと、「就活」なんです。

そうですよね、そんな時期なんですよ!!

そろそろ動き出す時期なんだそうですね、皆さん頑張ってください。

人によりますが今まで普通にカラーしていて、就活の時期だけ暗めのカラーにしようという方が一般的ですよね。

そんな人に実は知っておくと就活が終わった時に失敗が少ない黒染めの話をしたいと思います。

黒染めと暗めのカラーは違う?!

そもそも黒にするのに種類なんてあったの?!って話ですよね。

簡単に2つにわけて貰うと、黒染めと暗めの普通のカラーで分けて考えていただきたいです。

暗めにするくらいのカラーでしたら、普通のカラーでも出来ます。

染まりたては黒には見えますが黒っぽさは何度かシャンプーしただけで落ちて一般的には黄色っぽくなります。

落ちるペースは人の髪質や元の髪の明るさによって異なります。

明るければ明るいほど色が抜けやすいですし、カラーを頻繁にやっている方は色持ちも悪いことがあります。

セミナー、研修などで一時的に暗くするのであれば普通のカラーは一か月ほどで色がかなり落ちますのでいいと思います。

職種によって異なりますが地毛くらいの明るさであれば、がっつり黒にしなくてもいいというのも普通のカラーでいいと思います。

色持ちがいいなら黒染め!?ちょっと待って!!!

普通のカラーは色持ちが悪くて染め直さなきゃいけないなら、黒染めにしようかなというかたは安易に黒染めはしない方がいいですよ!!

なぜなら、黒染めは一度すると切るまで普通のカラーで明るく出来ません!

もう一度言います。

普通のカラーだけでは明るく出来なくなります!!

例え、半年前であっても一年前であっても黒染めした部分が残っていればその部分は色が出ないと思ってください。

ブリーチをしたら明るくはできますが、強い赤味が出ますのでアッシュ系グレー系のカラーは濁ってしまします。

そして、就活が終わって社会人になる前に派手に髪型をやってみたくても一回のカラーでは出来ないです!! (ブリーチや脱染かければいけますが)

この写真は黒染め後半年でブリーチをしました。

見えにくいかと思いますが、ハイライトで根本の部分が黄色くなって中間から毛先にかけては黒染めをしているので赤味が出てオレンジっぽくなっています。

こういった場合アッシュ系カラーが出にくいので明るいアッシュ系ならば毛先をもう一度ブリーチか、

暗めのアッシュ系ならば何度もアッシュ系カラーを続けていくことによってアッシュ系になっていくのを待つという方法もあります。

この方はアッシュ系は出ないので髪のダメージを考慮して赤味を生かしたカラーをすることに。。。

毛先を全体ハイライト、毛先もブリーチしています。

その後に赤系のカラーを被せています。

ブリーチをする場合ですと髪の負担も多く、時間とお金がかかりますので色落ちはしますが定期的に普通のカラーで黒っぽくするというのもいい案だと思います♪

今後どういったカラーを考えているのか是非美容師を相談してからカラーすることをおススメします(^^)/

友だち追加

 

関連記事

  1. 【ヘアカット】前髪軽めの直毛レイヤースタイル【セミロング】

  2. 秋の裾カラー シンプルボブ

  3. 前下がりショートボブ

    髪質改善ショートボブ【comaカット】

  4. おすすめ春カラー【comaヘアカラー】

  5. 【ヘアカット】肩の長さまでばっさりイメチェン・コテ巻きアレン…

  6. coma技術講習

    ストリートメント講習会【coma酸熱ストリートメント】

  7. 新しい【オージュアスパ】アイテム〜アロマオイルで癒しましょう…

  8. 2020年秋冬カラー

  9. 2018年トレンド。カラーメイク☆彡【comaメイク】

  10. 【縮毛矯正】くせ毛を生かした前髪だけ矯正スタイル【くせ毛】

  11. cosbi 強髪アンチエイジングプログラム

    強髪ヒト幹細アンチエイジングプログラム【coma育毛ケア】

  12. 直毛の女の子にオススメショート 刈り上げショートボブ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。