重軽ヘアが可愛いので解説します【中野coma_カットが上手_コテの巻き方】

この記事は2022、10月に追記をした記事です。

追記部分は下部にあります。

こんにちは。中野美容室comaの湯田かおりです。

最近私がはまっている、というか流行りの韓国系ヘアにもよくあるスタイルなのですが、
今、重軽なシルエットが可愛いのです。

重軽とは?【中野coma_カットが上手_コテの巻き方】

重いんかい軽いんかい、反対の言葉でどういうことって話ですが、

全体のシルエットは重めなんだけど、顔周りとか表面を短くしたり、巻きやすくしたり、動きやすいように作るスタイルです。

重軽ヘアが可愛いので解説します【中野coma_カットが上手_コテの巻き方】

なに言うとんの?の方向けに、ウィッグで実験!

重軽ヘアが可愛いので解説します【中野coma_カットが上手_コテの巻き方】

全体はワンカールで巻けるくらい重めに残し、顔周りと表面を少し短くし、動きを出します。

 

軽めなひし形シルエットのレイヤーと左右で変えて作ってみたので、比べてみましょう。

向かって左が重軽、右はしっかり軽めレイヤー

右のようにしっかりレイヤーを入れた時の方が、より動きも出やすく、軽めの仕上がりになります。
もちろん王道なレイヤーがお好きであればこちらがオススメです。

https://beauty.epark.jp/hair/article/bc-37/mc-91/sc-97/writing-001642/

後ろから見た時にも

重軽ヘアが可愛いので解説します【中野coma_カットが上手_コテの巻き方】

左のように全体にレイヤーが入るとエレガントな印象に、重軽はナチュラルな印象になります。

重軽ヘアが可愛いので解説します【中野coma_カットが上手_コテの巻き方】

短いとこんなのも。

お顔型や髪質によっても、向き不向きもありますので、ご興味ある方はぜひご相談くださいませ。

2022,10月追記重軽ヘアのスタイリング【中野coma_カットが上手_コテの巻き方】

こんにちは、中野美容室comaの湯田かおりです。

一度はロングまで伸ばしていた私ですが、最近どんどん髪を切っていってしまい、やり始めるとどんどん短くなるお客様の気持ちがとてもよく分かる今日この頃です。

今はすっかり鎖骨くらいの長さになりました。

私は超がつく直毛なので、この長さだと、ピラミッドかぶってます?みたいな、切りっぱなしも切りっぱなしの髪型をしています。

実際にレイヤーも入れずに真っ直ぐに切ってもらったのでそりゃそうですし、巻くの前提で切っています。

量も重ためが好きなのでまさにピラミッド状態です。

さて、最近とても耳にすることなのですが、みなさん朝髪の毛にかける時間がとにかくない!というお声をよくいただきます。

みなさんは朝、髪の毛にかけられる時間はどのくらいおありなのでしょうか。

重軽ヘアが可愛いので解説します【中野coma_カットが上手_コテの巻き方】

大体の方が、「朝はバタバタで結んじゃいます」「髪までかけれる時間がないです」

もしくは、「やり方が分かりません」「うまく巻けなくて諦めてます」と髪の毛のスタイリングにさくお時間はあまりないようですし、難しくてやらないことが多いようです。

ちゃんと毎日巻いてます!のお声はあまり聞かないように思います、、、

確かに難しいことをやっているように思いますが、慣れてしまえばそんなに難しいことは意外とやっていなかったりします。

せっかくなので巻いていただけると美容師側も嬉しかったりはします!

正直、コテやアイロンの扱いは「慣れ」これに尽きます。器用不器用もありますが、こればっかりは慣れてしまえば顔や首を焼くこともありませんし(手が滑るとたまにやりますが)、応用も効くので、ヘアスタイルの幅もぐんと広がります。

女性の方は特に長さもコロコロ変える方も多いでしょうし、カラーも暗くしたり明るくしたり、ハイライトを入れてみたり、印象を変えるのが好きな方も多いですよね!

カラーを暗くするときにお客様が心配なさることは、「重く見えちゃいますかね?」というあたりです。

確かに明るめのカラーよりは少しずっしりとした印象にはなりやすいですし、ストレートでロングさんであれば尚更です。

が、そこで巻き巻きの出番です!

物理的にカール感を作ることによって柔らかさや軽さは格段にアップします!

まっすぐなものより曲がっているものの方が柔らかそうだし、軽そうですよね。

巻きをマスターするとその日によっての印象やイメージを変えられるので、ぜひ簡単なところから覚えていただけるとよりヘアスタイルを楽しめます!

さて、ここから実際に巻いて仕上げたリアルなお客様のお写真を見ながらご紹介していきます。

例えばこちら↓

重軽ヘアが可愛いので解説します【中野coma_カットが上手_コテの巻き方】

少しレイヤーの入ったロブスタイルです。量感も重め、カラーも割と暗めなオリーブ系にしています。

秋冬に流行るダークカラーですね!

そしてこちら↓

重軽ヘアが可愛いので解説します【中野coma_カットが上手_コテの巻き方】

こちらはボブスタイルで顔まわりだけ少しレイヤーを入れてありますが、

全体の量感は重め、カラーは明るめのラベンダーベージュです。

そしてこちら↓

重軽ヘアが可愛いので解説します【中野coma_カットが上手_コテの巻き方】

こちらはレイヤーがしっかりめに入っていて、量感も軽め、でもカラーは黒に近いくらいのダークグレーを入れています。

そしてこちら↓

重軽ヘアが可愛いので解説します【中野coma_カットが上手_コテの巻き方】

長さもロング、レイヤーを入れていない、かなりどっしり重めのスタイルですが、カラーは柔らかいベージュ系にしています。

さてこの4つのスタイル、長さや色が全く違いますよね。

巻くのも難しそう、、、とお思いの方!

実はこの4つは基本的には同じ巻き方をしています!

ちなみに私も大体毎日これ(ふーん)

重軽ヘアが可愛いので解説します【中野coma_カットが上手_コテの巻き方】

この巻き方、とても少ない工程で簡単にできます。

やり方を覚えたらあとは慣れです!

慣れたら本当に2分とかでできます、マジです。

長さが違う時に変えるのは、コテ太さや回転数になるので、動きはほとんど変わりません。

これだけ覚えよう!簡単コテ巻き【中野coma_カットが上手_コテの巻き方】

https://beauty.epark.jp/hair/article/bc-37/mc-65/sc-108/writing-001451/

①全毛先を外ハネワンカール【中野coma_カットが上手_コテの巻き方】

ちゃんと熱が通る量なら一気にやってしまって大丈夫です。
あまり厚みや量がありすぎると均等に熱が加わらないので、ある程度の毛束ずつでやりましょう。
私はまあまあガッツリ一気にやります笑

重軽ヘアが可愛いので解説します【中野coma_カットが上手_コテの巻き方】

ここで大事なのは、まっすぐな毛を残さないように全部巻く。これだけです。


②表面を数束リバース巻き

リバース巻きとか言われると慌てますよね、後ろに向かって巻くことです。
大丈夫です、まず手前から適当でいいので、このくらいの毛束を取り、コテのレバーを前にして、
毛束の長さの半分くらいの位置をはさみます

重軽ヘアが可愛いので解説します【中野coma_カットが上手_コテの巻き方】

③レバーで折れない方向、外側に回転

私くらいの長さで1回転、ロングさんで2回転ほど
根元まで行かないこのくらい止めます


④それを片側3束ずつくらい【中野coma_カットが上手_コテの巻き方】

表面を間隔を空けて3束ずつ巻き、オイルなどつけながらちょっとほぐして完成です。

応用の話【中野coma_カットが上手_コテの巻き方】

①を内巻きにしたり、内外を順番にしたり、内巻きだけにするのもアリです。

②〜④を今回はリバースという後ろに巻いて行くやり方をお伝えしましたが、これを顔側に巻くものを混ぜていけば、より華やかな印象になりますし、

束を細くすればフワフワした質感も作れます。

慣れれば自由自在に質感や印象を作れるので、コテやアイロン操作に慣れればこっちのもんです。

あとは、私のように前髪や顔周りを巻く場合はこんな感じ

重軽ヘアが可愛いので解説します【中野coma_カットが上手_コテの巻き方】

ヤケド注意ですがこれもリバースがよいかと思います。

友だち追加

 

関連記事

  1. 【アップヘアスタイル】人参型の梳き毛の作り方【ヘアアレンジ】…

  2. 【ヘアスタイル】暖色系グラデのミディアムヘア・外はねスタイリ…

  3. 秋のこっくりヘアカラー【中野coma_秋ヘアカラー_2022…

  4. 自分でできる簡単ヘアアレンジ【おうち時間】

  5. 【ヘアカット】くすみ感のある秋色カラーでばっさりイメチェンボ…

  6. 【ヘアアレンジ】二次会お呼ばれワンサイドヘアアレンジ【ミディ…

  7. 【ヘアカラー】中からちら見せハイライトのボブスタイル【ヘアカ…

  8. 【ヘアカラー】ブリーチでブロンドベージュグラデーションカラー…

  9. 春先取りくびれヘア【comaカット】【comaヘアカラー】

  10. 【メンズスタイル】爽やかレイヤーとワックスのつけ方【ヘアセッ…

  11. 和クセサリーアレンジ♡【coma×odor】

  12. 髪色が明るくなりにくい人を明るくする方法【comaヘアカラー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA