【読書】日本プロレタリア文学を代表する「蟹工船」「党生活者」

こんにちは岩田です

読んでみたシリーズ

今回は小林多喜二「蟹工船

若い頃から名前は知っていたけど読んでなかった一冊
キンドル版なら0円で読めるという事でダウンロードして読みました

なるほど、これが
戦前のプロレタリア文学の代表作かと言う内容で
当時の世相からしてタブーな内容になってます

t01160116_0116011612708455184

作者の小林多喜二は発表後 特高警察に捕まり尋問中に死亡するという
壮絶な最後を遂げたんですが

この作中出てくる権力者の暴力の描写 それをそのまま自分が食らうという
なんとも皮肉な話ですね

その辺とその後の我が国の歩みとを併せて見るとより楽しめる一冊です

友だち追加

 

関連記事

  1. 【日常】MX4Dでスターウォーズを鑑賞!動く揺れる匂う風が吹…

  2. お詫び

  3. お面外ハネミディアム

    レッドブラウンのマッシュレイヤー【comaヘアカラー】【co…

  4. 明るい白髪染めを超えた白髪染め【comaヘアカラー】

  5. 【岩田散歩】日本の桜名所「三ッ池公園」で多種の桜とお花見

  6. 【欲しい】デキる男のマストアイテム!エアロコンセプトの名刺入…

  7. 淡麗系ラーメン東中野かしわぎ【中野グルメ】

  8. 【趣味】ベストシーズン!10月のダイビング日和【伊豆海洋公園…

  9. 【勉強】パーマなどの薬剤の作用について検証実験会【美容師】

  10. 【coma事件】看板が進化しました。

  11. R-20Project発足、【中野coma】も参加します。

  12. 祝・coma2周年!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。