【読書】日本プロレタリア文学を代表する「蟹工船」「党生活者」

こんにちは岩田です

読んでみたシリーズ

今回は小林多喜二「蟹工船

若い頃から名前は知っていたけど読んでなかった一冊
キンドル版なら0円で読めるという事でダウンロードして読みました

なるほど、これが
戦前のプロレタリア文学の代表作かと言う内容で
当時の世相からしてタブーな内容になってます

t01160116_0116011612708455184

作者の小林多喜二は発表後 特高警察に捕まり尋問中に死亡するという
壮絶な最後を遂げたんですが

この作中出てくる権力者の暴力の描写 それをそのまま自分が食らうという
なんとも皮肉な話ですね

その辺とその後の我が国の歩みとを併せて見るとより楽しめる一冊です

友だち追加

 

関連記事

  1. メンズマッシュウルフ【中野comaカット】

  2. 【グルメ】自家製ピザ窯で焼き上げるALL500円のピザ「co…

  3. 【読書】ドラマ化もされた「とんび」父と息子の感動と涙の物語

  4. 失敗の本質を読んだ【岩田おすすめ書籍】

  5. 山本七平、空気の研究を読んだ【岩田オススメ書籍】

  6. 2016

  7. 【独立】ただの美容師が商標登録の出願を自分でやってみる【美容…

  8. 【変身動画】多色染め動きのあるショートスタイル×玉川みく

  9. 【勉強】サロン向けマイナンバー対策セミナーをうけてきた【美容…

  10. 岩田結婚式出張ヘアセットへ行く【comaヘアアレンジ】

  11. 美容室の練習ってどんな感じでやってるの?【coma中野】かさ…

  12. 【ヘアアレンジ】流行りの外はねアレンジ!髪質に合わせたボブの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。