【読書】日本プロレタリア文学を代表する「蟹工船」「党生活者」

こんにちは岩田です

読んでみたシリーズ

今回は小林多喜二「蟹工船

若い頃から名前は知っていたけど読んでなかった一冊
キンドル版なら0円で読めるという事でダウンロードして読みました

なるほど、これが
戦前のプロレタリア文学の代表作かと言う内容で
当時の世相からしてタブーな内容になってます

t01160116_0116011612708455184

作者の小林多喜二は発表後 特高警察に捕まり尋問中に死亡するという
壮絶な最後を遂げたんですが

この作中出てくる権力者の暴力の描写 それをそのまま自分が食らうという
なんとも皮肉な話ですね

その辺とその後の我が国の歩みとを併せて見るとより楽しめる一冊です

友だち追加

 

関連記事

  1. comaのNewface金子めい爆誕。

  2. 【独立】続報その2・商標登録!特許庁から二度目の手紙にドキド…

  3. 【読書】岩田のおススメ書籍「ゴールデンスランバー」伊坂幸太郎…

  4. 【趣味】奥多摩の「氷川キャンプ場」でゆったり貸し切りBBQ

  5. 【手荒れ美容師必見】元手荒れシャンプーマンが教える手袋シャン…

  6. 【ヘアアレンジ】二次会お呼ばれワンサイドヘアアレンジ【ミディ…

  7. 【資格】スキューバダイビングのライセンス取得!【伊豆海洋公園…

  8. 【趣味を広げる】落語デビュー!浅草唯一の落語寄席・浅草演芸ホ…

  9. 【読書】浅田次郎が描く新たな悲劇の戦争文学「終わらざる夏」

  10. 広告に気をつけろ!岩田旅行記

  11. 【美容室】お客様に満足してもらえるおもてなしについて考える

  12. 吉祥寺acvooさん レセプションパーティ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA