【読書】日本プロレタリア文学を代表する「蟹工船」「党生活者」

こんにちは岩田です

読んでみたシリーズ

今回は小林多喜二「蟹工船

若い頃から名前は知っていたけど読んでなかった一冊
キンドル版なら0円で読めるという事でダウンロードして読みました

なるほど、これが
戦前のプロレタリア文学の代表作かと言う内容で
当時の世相からしてタブーな内容になってます

t01160116_0116011612708455184

作者の小林多喜二は発表後 特高警察に捕まり尋問中に死亡するという
壮絶な最後を遂げたんですが

この作中出てくる権力者の暴力の描写 それをそのまま自分が食らうという
なんとも皮肉な話ですね

その辺とその後の我が国の歩みとを併せて見るとより楽しめる一冊です

友だち追加

 

関連記事

  1. 【グルメ】自家製ピザ窯で焼き上げるALL500円のピザ「co…

  2. 【美容師】カラーやパーマをする時に使う処理剤「Jbees」

  3. 【ヘアスタイル】ゆるっとかわいい重軽レイヤー【ロングヘア】

  4. ハロウィンDJ

  5. 【中野グルメ】店主こだわりの手打ち麺 美味い蕎麦屋さん「丸屋…

  6. 【岩田散歩】東京都庁展望台で夕日バックに東京タワーを撮る

  7. 3周年 中野coma

    comaの制服について【中野和モダン美容室】

  8. 【趣味】愛に溺れ、愛に生きる。舞台「贋作好色一代男」を観た

  9. 【独立】ただの美容師が商標登録の出願を自分でやってみる【美容…

  10. 中野サッポロラーメン味七【中野グルメ】

  11. 【メンズスタイル】ハイパーダメージ毛の新入社員をイケメンにし…

  12. 【美容室】美容スチーマー・圧縮蒸気発生装置がやってきた【美容…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA