【ヘアサロンあるある】美容院で毎回聞かれるお湯加減 その理由は?

スポンサーリンク
-->

美容院に行くとほぼ言われるであろうこのセリフ

お湯加減いかがですか??

いでつも洗ってんだからいちいち聞くんじゃねー
そんなん分かんだろ?

という様な事をたまにやんわり言われたりします
何故先にお湯に触っている筈なのに聞くのか?

 

何故なら

それは お客様もこちら側も 様々な要因によって

その 時その時

温度の感じ方が違うから

 

? 例えば

シャンプーする前に髪濡らす→シャンプーする→
泡流す

 

この一回目の濡らす時と流す時ここで既に同じ温度
だと若干ぬるく感じたりします

 

冷房の効いた夏場のサロン内と暑い外からいらした方の
温度の感じ方も違いがあったりします

 

清涼感ある クールシャンプーなんかでも場合によって若干温度変えたりします

お互いの感覚に差が生じる
その壁を埋めたい

 

なので
お客様に聞く訳です
「お湯加減は??」

 

つい定型文のマニュアル感が出てしまいがちですが
本当はそういう意味合いが込められてたりするんですね

もしどうしてもうっとおしいからいらないという人は
言ってみましょう

 

任せると!!!ヽ(^o^)丿

友だち追加

 

関連記事

  1. 新入社員来たる!!【笠原玲】でございます。

  2. 失敗の本質を読んだ【岩田おすすめ書籍】

  3. 障害、難病コミュニティ【イースマイリー】が出来たって話

  4. ネット予約じゃないかしら! 始めました

  5. 【ヘアアレンジ】流行りの外はねアレンジ!髪質に合わせたボブの…

  6. 【手荒れ美容師必見】元手荒れシャンプーマンが教える手袋シャン…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Top