【読書】浅田次郎が描く新たな悲劇の戦争文学「終わらざる夏」

【読書】浅田次郎が描く新たな悲劇の戦争文学「終わらざる夏」

こんにちは岩田です

最近夢中で読んだ本

終わらざる夏

自分の好きな作家のひとりでもある

浅田次郎の小説です

1945年8月15日 言わずと知れた終戦

釧路から北へ千キロ以上

東京ー福岡間位離れた島

占守島

その島は終戦から2日経った後

ソ連軍に攻め込まれる

と言う史実をもとに展開していく物語

それぞれの登場人物のそれぞれの感情と行動が絡み合うお話

t02200220_0300030012735078728

内容はもちろん面白いんですが

浅田次郎ファンにとってはここであの本の、あのキャラと、

キャラが被ってくるとか

まってましたこのセリフ!!

と言う楽しみ方が出来たりします

と言う訳で読書の秋におすすめです(^^)

友だち追加

 

関連記事

  1. 【美容室】美容スチーマー・圧縮蒸気発生装置がやってきた【美容…

  2. 【勉強】ヘアカラーのアクセントについて技術交流会【美容師】

  3. 【ヘアカット】さっぱりショートスタイルとグラデーションハイラ…

  4. 【趣味】ベストシーズン!10月のダイビング日和【伊豆海洋公園…

  5. 【岩田旅行記】鳥取境港の旅その1 米子鬼太郎空港~江島大橋

  6. 【変身動画】2017年毛先がちょっと軽い春の【中野coma】…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Top