【読書】浅田次郎が描く新たな悲劇の戦争文学「終わらざる夏」

こんにちは岩田です

最近夢中で読んだ本

終わらざる夏
自分の好きな作家のひとりでもある

浅田次郎の小説です

1945年8月15日 言わずと知れた終戦

釧路から北へ千キロ以上
東京ー福岡間位離れた島

占守島

その島は終戦から2日経った後
ソ連軍に攻め込まれる

と言う史実をもとに展開していく物語

それぞれの登場人物のそれぞれの感情と行動が絡み合うお話
t02200220_0300030012735078728

内容はもちろん面白いんですが

浅田次郎ファンにとってはここであの本の、あのキャラと、

キャラが被ってくるとか

まってましたこのセリフ!!

と言う楽しみ方が出来たりします

と言う訳で読書の秋におすすめです(^^)

友だち追加

 

関連記事

  1. 【中野coma】マスコットのあいつがグレードアップして帰って…

  2. 【中野グルメ】店主こだわりの手打ち麺 美味い蕎麦屋さん「丸屋…

  3. 新年あけましておめでとうございます

  4. 【ヘアカット】夏にぴったりのクールなミディアムヘア【ヘアスタ…

  5. 【変身動画】2017年毛先がちょっと軽い春の【中野coma】…

  6. 【池袋グルメ】本場博多のもつ鍋が楽しめる!超人気店「山笠」

  7. 無事帰ってまいりました

  8. 【グルメ】緑が溢れる開放的なロケーション「グッドモーニングカ…

  9. 【米好き必見】米は炊飯器で炊くよりも鍋で炊いたほうが美味い

  10. 【メンズヘア】この夏おススメのクールシャンプー!刈り上げヘア…

  11. 癖毛風ミセスショート

    直毛でお困りのベリーショートミセスにオススメ【comaパーマ…

  12. 【新橋グルメ】ジャズも楽しめるイタリアンカフェ「コットンクラ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Top