【読書】どうやって創造性を高めるのか?「思考の整理学」を読んだ

外山滋比古 思考の整理学を読んでみた

こんにちは中野の美容師coma岩田です

かれこれ4年も前に書いた記事ですが、

先日とある話の中でこの本の話になったので【再掲】です。

最近読んだお勧めの本

思考の整理学

 

images

1980年代に発売された本で私とほぼ同じ年のこの本が言うには

自分の頭で考えるとは

考えるにあたっては何が大事か

と言う様な事が書いてあります

 

「考えるを考える」

 

いわゆる ハウツーもの

とはちょっと違った内容になってたりして

 

文庫本の薄い本ですが濃い内容の一冊です

 

この本の中に書いてありますが

 

知識をただ記憶している それはコンピューターがやれば良い

それ以上の事が出来なければ 人はコンピューターに仕事を奪われる

 

三十年前に書かれたこの言葉は今も響くところありかと思います

まー 読んだからって何って事ではないんですが

面白いですよ(^?^)

 

 

 

 

友だち追加

 

関連記事

  1. 【ヘアスタイル】ふわっとカールのセミロングで可愛い系スタイル…

  2. 【箱根】散策しながら自然と芸術を楽しめる「彫刻の森美術館」

  3. 陽気なギャングが地球を回す

  4. 【勉強】ヘアカラーのアクセントについて技術交流会【美容師】

  5. 【美容師】カラーやパーマをする時に使う処理剤「Jbees」

  6. 【読書】新選組最強の剣士・斉藤一の人間ドラマ「一刀斎夢録」

コメント

    • えリコピン
    • 2014年 8月 08日

    私も今読んでるよ♪
    半分くらい読んだかなー?
    30年前に書かれたと思うと凄いねー。
    私はいつも思いつきで行動する人間だから、こうやって整理出来るように頑張ろーっと!!

      • 岩田
      • 2014年 8月 09日

      リコピンさん コメントありがとうございます

      自分は
      整理する為に
      忘れると言う事とは何だか目から鱗でございました

      世の中には色んな本があって楽しいすなー(´?????)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Top