【ヘアカラー】カラーするときは「褪色時の明るさ」に注意すべし

こんにちは岩田です

 

 

カラーをする時の注意点 その一つとして上げられるのが

「褪色時の明るさ」

 

 

 

 

カラーして2ヶ月位経つと、根元の新しい毛も然ることながら

「なんか染めた時より明るくなってないか?」

という経験ありません?

 

 

 

カラー剤の特徴として

 

 

 

例えば

8レベルという明るさがあるとします

カラー剤というのは

 

 

 

 

8レベルの色を出すために

 

 

 

あえて10レベルまで髪を明るくして

その後染料が入る事によって

ちょうど良い8レベルに落ち着く様に設計されています

 

 

 

なのでそのちょうど良い8レベルにする為の染料が抜けてしまうと、

10レベルに戻ってしまいます

 

 

 

 

 

 

これがカラクリなんですね?

 

 

 

 

8レベルなら10レベルというのは例えであって

色味や商品によって前後します

 

 

 

 

会社でカラーのレベルの規定がある方

忙しくて染め直してる暇がない方

その他カラーはしたいけど一定以上明るくなると

困る方

 

などはご注意ください

 

 

 

では

何を気をつけるのか?

 

 

 

もし自分で染める方でしたら、放置時間を守る。

(毛質等で前後するのであまりオススメしませんが)

 

 

 

美容室で染める方でしたら

「抜けてもこの位が限度」

と 一言言っておきましょう。

 

 

あとは担当美容師がしっかり調整してくるはず。(´▽`)

友だち追加

 

関連記事

  1. 夏におすすめ多色染めボブ【comaインナーカラー】

  2. 【ヘアカット】くすみカラーのボブにハイライトで立体感【ヘアカ…

  3. ブリーチなし夏カラー

    ブリーチなし!2021夏カラー

  4. 外人風 リタッチ伸びた風カラー

  5. 【2019AW】撮影スタイル【かさはられい】版

  6. ハイトーンのすゝめ。【comaヘアカラー】

  7. ブリーチ暗くイメチェン

    ブリーチを暗くするイメチェンミニマルショートヘア

  8. メンズスタイル イメチェン!ブリーチでどキンパ

  9. メンズスタイル ローライトが良い2つの理由

  10. 2019年comaヘアカラー

  11. 【ヘアカラー】この夏おすすめヘアカラー!ベージュ×バイオレッ…

  12. 最近の派手カラー【comaハイトーンカラー】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA