正しいヘアオイルの付け方

こんにちは。

中野の美容室comaの五十嵐洸太です。

今回は正しいヘアオイルの付け方について紹介していきます。

 

ヘアオイルをつけるメリット

まず、ヘアオイルをつけることによるメリットを紹介します。

1.髪の毛に潤いや艶を与える

パサツキのある髪の毛に潤いや艶感をプラスしたり、スタイリングの幅が増えます。

 

2.髪の毛を熱や摩擦から守る

髪の毛の乾燥や、ブラシなどの摩擦からのダメージを軽減します。

 

3.髪の毛をまとめやすくする

パサツキを抑えたり、スタイリングがしやすくなったりします。

 

適量ヘアオイルをつけることによって、プラスの面もあります。

 

 

しかし、つけ方を誤ってしまうと、ベタベタになってしまったり、髪の毛がへたってしまいます。

ヘアオイル使用時の適量とは

それでは基本的なつける量についてです。

ショートヘアは12プッシュ

セミロングは23プッシュ

ロングヘアは34プッシュ

を目安にしましょう。

根本には付けず、中間から毛先から塗っていきましょう。

 

ヘアオイルをつけるタイミングについてです。

 

ドライヤーをする前

髪の毛を解かしてからタオルでしっかり水分を拭き取ってからオイルをつけ乾かしましょう。

つけすぎると乾きにくくなってダメージにつながります。

 

アイロン後につける

アイロンによってダメージやパサツキが生じます。

適量取り髪に馴染ませましょう。

つけすぎるとカールが取れてしまったり、ベタついたスタイリングになってしまいます。

 

朝起きて髪の毛を解かす前

パサツキやダメージのひどい方はヘアオイルをつけてから髪の毛を解かしましょう。

無理矢理ブラッシングをすると切れ毛や枝毛につながります。

 

 

以上のことを少しでも覚えていると、美しい髪の毛を維持できるかも知れません。

ヘアオイルの一手間であなたの見え方が大きく変わってくると思います。

友だち追加

 

関連記事

  1. 六本木散歩

  2. 緑限定のお店

  3. サウナで整う

  4. 五十嵐洸太 入社ご挨拶

  5. 夏といえば

  6. 真夏に向けた髪のお悩み&ヘアケア編【comaヘッドスパ】【オ…

  7. 春先くせ毛さんトリートメントのおすすめ

  8. 【ノンシリコンシャンプー】シリコンとは?柔軟剤にたとえて説明…

  9. 爬虫類はお好き?

  10. 中野の二郎系ラーメン「kaeru」

  11. 屋上サウナ

  12. 真実はいつも一つ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA