【読書】日本プロレタリア文学を代表する「蟹工船」「党生活者」

【読書】日本プロレタリア文学を代表する「蟹工船」「党生活者」coma | 中野の美容院・美容室・ヘアサロン | 予約はこちら

こんにちは岩田です

読んでみたシリーズ

今回は小林多喜二「蟹工船

若い頃から名前は知っていたけど読んでなかった一冊

キンドル版なら0円で読めるという事でダウンロードして読みました

なるほど、これが

戦前のプロレタリア文学の代表作かと言う内容で

当時の世相からしてタブーな内容になってます

t01160116_0116011612708455184

作者の小林多喜二は発表後 特高警察に捕まり尋問中に死亡するという

壮絶な最後を遂げたんですが

この作中出てくる権力者の暴力の描写 それをそのまま自分が食らうという

なんとも皮肉な話ですね

その辺とその後の我が国の歩みとを併せて見るとより楽しめる一冊です

友だち追加

 

関連記事

  1. coma グランドオープン

  2. 夏 マッシュショートボブスタイル

  3. 【読書】表現を取り締まる法律を巡って国家と戦う「図書館戦争」…

  4. 【ヘアスタイル】高円寺の「MENOS」さんで合同撮影会【美容…

  5. 【勉強】中野の美容師技術交流会アップヘアについて【美容室】

  6. 【中野グルメ】四季の森公園グルメ芸人祭を覗いてきた話

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Top