【ヘアカラー】市販のカラー剤と美容室のカラー剤の違いは何?

【ヘアカラー】市販のカラー剤と美容室のカラー剤の違いは何?coma | 中野の美容院・美容室・ヘアサロン | 予約はこちら

こんにちは中野の美容師 岩田です

今日は カラーの違いについて

 

?市販の ドラッグストアにに 売ってるカラーと

サロンの カラーの違い

 

良く聞かれます「何が違うんだ!と」

まず



配合成分が若干違います

アルカリ剤という成分があるんですが

その性質がちょっと違います

アルカリ剤の 性質と残留の問題

アルカリ剤とは アンモニア やモノエタノールアミン など様々な

種類のものがあり

 

髪の毛のキューティクルをひらいたり

色素を脱色するパワーに関係したりする物質

 

市販品は匂いを抑えるためにこのアルカリ剤を

揮発しにくいものにしていたりします

匂い控えめ→揮発しにくい=髪に残る

アルカリ剤が髪に残る=傷みやすい

 

という図式になるようです

 

専売品の場合は

まー臭いです

ツーンとします

 

なので揮発します

と言う事は髪に残留する事が少ないと 言えます

 

このアルカリはカラーにおいて 必要不可欠な成分なんですが

髪に残留すると ダメージの原因になると言われています

 

 

更には 美容室によってはシャンプーや処理剤などによって

このアルカリ剤を除去したりします

 

なのでサロン品をサロンでやる 方が痛みが少ない

です

?パワーの問題

あとは市販品は誰でも綺麗に染まる必要があるので

強めのパワーになっているものが多いです

 

専売品は技術者がパワーコントロールするので

必要な所に必要なパワーで施術できます

 

従って既にダメージのある毛には弱い薬

新しく生えてきてパワーが必要な部分には強い薬

と塗り分ける事ができるのです

 

家で一人でこの見極めと塗り分けができる場合は

良いのですがほとんどの 方はできないでしょう

 

なので

美容室のカラーの方が長い目で見てダメージが少なくなる

という事になります

まとめ

市販品の特徴は手軽でコスパが効く

ただし誰でも箱の表記のその色になるわけではなく

個人差が出やすい

ダメージと染まりのムラが出やすい

専売品の特徴は

コスパは悪く、お店に行く手間もあるけど

プロが個人の毛に最適な薬をチョイスするので

自分でやるより痛みも少なく、綺麗に染まる

といった所でしょうか。

 

その他美容室でのカラーはハイライトやローライトといった技術を使って

立体感ある仕上がりにしたり、毛先だけ違う色にしたり

という事も可能ですが

その辺りの説明はまた今度に(*´∀`*)

 

友だち追加

 

関連記事

  1. 【ヘアカラー】流行中の外国人風ハイライトの作り方【ヘアスタイ…

  2. 【ヘアカット】くすみカラーのボブにハイライトで立体感【ヘアカ…

  3. 【ヘアカラー】赤味を抑えたダークブラウンで落ち着いた印象のヘ…

  4. 【ヘアカラー】黒染めを落としてから綺麗な赤味カラーに染める

  5. 【ヘアカラー】短いスパンで色を重ねることによってでる美しさ・…

  6. 【ヘアカラー】ローライトってなに?どういう風に色をいれるの?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Top